in my garden

日々の記憶。忘れたくないこと。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< トランスアメリカ | TOP | パーマネント・ウェイブ >>

2010.03.07 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2006.10.14 Saturday

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

プルーフ・オブ・マイ・ライフ
ジェイク・ギレンホール見たさに。グゥイネス・パルトロウもアンソニー・ホプキンスも苦手なのでどーしよーか迷ってたところ、知り合いが貸してくれました。グゥイネスがなんで嫌いかというと、育ちがよさそうでそこそこ女優業も成功してロック歌手と結婚して無難にハッピーな人生を送っているので。ソツの無さが鼻につきます(妬みです、やぁねー)。アンソニー・ホプキンスはなんかぎらぎらとエロそうなので。「羊たちの沈黙」のときの牢獄の中で立ち尽くす彼のシャツがぱんぱんにきつかったのがインパクトありすぎで。エロいのとそれがどう関係あるのかわかりませんが。ピカソの役演ったからかも。ピカソ、エロじじいですよ。たぶん。で、映画の内容ですが、あんまりおもしろくなかったので触れないことにします。ジェイクも何の役に立ったのやらイマイチだったし。グゥイネスが冒頭から生活に疲れたとても20代とは思えないやつれ方で、しかも役が数学の才能のある学生?なので化粧もせず、服もダサく、だらしない風体でいいんですが、あまりにも魅力薄でした、私には。もうちょっと最後に解き放された瞬間くらい美しさを見せて欲しかったです。一番ウケタのは精神病を病んだ偉大な数学者が最後に残した証明ですね、やはり。そして、その病んだ数学者が見ていたTV映画がニヤリ。「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」でした。やっぱ正常な数学者はこんな映画は見ないということですね。

2010.03.07 Sunday

スポンサーサイト


20:53 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://rumi.jugem.cc/trackback/401

トラックバック

プルーフ・オブ・マイ・ライフ
今世紀最大の証明(プルーフ)は、 愛にあふれていました。 プルーフ・オブ・マイ・ライフ  2005年 アメリカ 監督 ジョン・マッデン 内容も悪くない。 出演俳優の演技も素晴らしいですよ。 グウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール、
(みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories 2006/11/09 10:37 AM)

▲top