in my garden

日々の記憶。忘れたくないこと。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< わたしを離さないで | TOP | ディセント >>

2010.03.07 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2006.07.18 Tuesday

21グラム

21グラム (初回出荷限定価格)
人間なら21グラムで、他の動物は何グラムなんだろー。個人差もあるのかな。

BSフジで「21グラム」やってたので見ました。これも中断してほったらかしにしてたので。ナオミ・ワッツにショーン・ペン、デル・トロです・・濃いです・・ナオミ・ワッツ、お母さん役の印象が強かったんだけど、「リング」だけですか?「ダーク・ウォーター」「アザーズ」なんかと混同してるのか??例によって、時間が交錯してあっちゃこっちゃなってるヤツなんですが、後半になって学習してくると結構効果的に感じたりします。何の関わりもなかった数人の男女がこんなに密にからんでくるですヨって。どうしようもないほど全員不幸な人生なんだけど、生き続ける人死ぬ人、生まれる人、、よくよく考えるとこれが日常です。私らの人生です。この3人に限らずショーン・ペンの妻(シャルロット・ゲンズブール!)、デル・トロの妻も人の弱い面も持ちつつ、責めることはできません。その生き方は悩みぬいた末の選択肢のひとつで私もそうするかもしれない・・ナオミ・ワッツがショーン・ペンを「どうしてそんなに簡単に『好き』だと言えるの?その人の気持ちや境遇を考えもしないで」と責めます。人生の伴侶を亡くしたとき、「それでも生きなければ」と娘を諭した父の言葉よりも突き刺さりました。というか心痛から逃れるために薬物に頼り、重い心臓病を患いながらも煙草を吸い、罪をつぐなうために信仰にのめり込み、・・・そういう人生の吹き溜まりの彷徨い人たちの物語でした・・ムナシイ・・

ショーン・ペン見てて違和感あったのはどうしても数学の大学教授には見えなかったこと。ビューティフル・マインドのラッセル・クロウもそうだったけど・・大体なんで女性をくどくときに男女の出会う確率を語りたがるのかね?数学者ならずとも考えそうな陳腐な口説き文句だと思うが。(でも今の私ならなんでもこいかもなー・・ムナシイ・・)
(同じ数学者の出てくる「エニグマ」「Π(パイ)」なんかはオーケーです)

2010.03.07 Sunday

スポンサーサイト


10:46 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://rumi.jugem.cc/trackback/379

トラックバック

▲top