in my garden

日々の記憶。忘れたくないこと。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ハイウェイスター | TOP | 月に照らされたシーツ >>

2010.03.07 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2005.08.19 Friday

サマソニの日

もー5日も過ぎたので記憶が薄いのですがー。
資料もなしで思いだしながらいきますと、大阪14日ですよ、2日目なので既に今年のTシャツ着てる人が電車でたくさん見ましたねー。タイム・テーブルではタワーズ・オブ・ロンドンからルースターに行きましたが、サブウェイズの方がよかったかなー・・ルースターはよかったですよ、ヴォーカルのおにーちゃんの日焼けしたたくましい胸と腰のえくぼが(どこ見てんのよー)。で、次にインテックスの方のTHE DEPARTURE、ちょっとおもしろそーとくらいに思ってただけなのにしびれました!80年代ブリット・ポップの後継者として。結局時間的に見れなかったTHE TEARS(スウェード)にも似てるかな。なんかいちいちギターとリズムの絡みがかっこよくてこりゃ掘り出しモンだと。私が気づくのが遅いだけでしょーが。あとそのままInterpol、やっぱメンバーを近くで見たいので前の方で・・特に新しい曲もなかったし、演奏もこじんまりとしちゃってるんですが変わらずポールの斜め見のポーズはかわいいしギターのスルスルウォークもおもしろいしPDAとかですごく盛り上がったです。ファンが定着してる感じ。で、そのあとディープ・パープル見に行って。イアン・ギラン、ぜぇぜぇ言ってたけどがんばってたよ。こうしてみるとヒット曲多いのね、若い人たちも一緒に歌ってたし。で、スリップノット目当ての群衆と入れ替わりにエコ・バニのステージへ。・・・実際、今年のサマソニの目玉はこれですよ。グレゴリオ聖歌の流れる中、メンバーのシルエットが浮かび上がって「リップス・ライク・シュガー」。今でもイアンの唇は赤かったのでしょーか。サングラスをはずさないのが淋しいかも。途中でルー・リードのWalk On The Wild Sideを歌って、観客でもスキャットを一緒に歌ってた。こういうのがいいね、ライブは。NINへ行くのにイアン・ブラウンを2,3曲聴いて、オープン・エアに入った途端どしゃ降り。カッパを持ってってたのでよかったですが。でも最後になるともう疲れちゃって。NINファンはかなり盛り上がってていいステージだったと思いますよ・・実をいうと私はあまり聞きこんでないので曲の区別がつかないのが多かったんですが。やっぱりちゃんと下調べとアルバムのおさらいくらいはしといた方がいいですね。さー、来年は誰がくるかな・・・腰が痛いけど行きますよ・・

2年前もそうだったのかどうか、今年はおかしの持ち込み禁止だったのよ。あと子供連れの人を何人も見ました。小学生低学年くらいの。耳栓つけてた子もいた。普通に抱っこされて見てた子もいた。連れてくるほうにも問題ありだと思うけど、その前に、いいの?入場しても。

2010.03.07 Sunday

スポンサーサイト


21:19 | - | - | -

コメント

サマソニお疲れ様でした〜。
そうそう、THE DEPARTURE。
私もPVを見て気になってたんですよ。
声が懐かしい感じが・・誰の声に似てるんだろ。
トレント頭丸めてって・・・どーゆーことなの〜〜
やっぱアレですかね、ハードゲ・・。

子供連れはキツいでしょうね。
暑さの中、騒音の中、子供が第一迷惑だろうなぁ。
でもライブ8で、グゥイネス・パルトローが赤ちゃんにヘッドフォン付けさせて見にきてたんですよ。
おとーちゃん見に来てるんだから、
そーゆーのとは別なんでしょうか・・(笑)
2005/08/24 1:25 AM by mika

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://rumi.jugem.cc/trackback/278

トラックバック

▲top